ZOOM GCE-3使用レビュー ~この夏は 買ってよかった GCE iOSにも 接続できたり~

消毒用アルコールは決して飲んではいけません。

こんにちは、池袋にあるFunギタースクールです。

 

ZOOM GCE-3はまじで小っちゃい』でZOOM GCE-3を購入したことを書きましたが、少しずつ使い方がわかってきました。

 

GCE-3はハードウェア上ではヘッドフォンのボリューム以外何にも操作できないので、GuitarLabというソフトウェアで操作します。

 

Guitar Lab 画面

GuitarLab画面

 

画面左上に『G3n』と書かれてますが、これはZOOMのエフェクターの製品名です。

GCE-3には、ZOOMのこれまでのペダルエフェクトをエミュレートする機能が備わっていて、GuitarLab上でこれらの製品のどれかを選んで使用します。

といっても、選べるのはZOOMのマルチエフェクター。

マルチエフェクター自体がそもそも個々のペダルやアンプのシミュレートですから、そのシミュレートをエミュレートするわけです。

発想が面白いですよね。

 

▽マークをクリックすると、プルダウンで製品名が出てきます。

 

Guitar Lab 画面

ベースの製品もあるのが嬉しい

 

マルチエフェクターを選ぶと、そのマルチエフェクターの中にあるエフェクトパッチ(エフェクターの組合せ)が入ってます。

 

Guitar Lab 画面

UFO…

 

各パッチ内の、エフェクトのパラメーターやオンオフ、エフェクトの追加・削除などのエディットが可能です。

もちろんオリジナルパッチの作成や、ネットからパッチのダウンロードもできます。

 

Guitar Lab 画面

もはや全部のせのお得感

 

これだけあると、ぶっちゃけデフォルトパッチを少し弄るだけで十分ですね。

ZOOMのエフェクトパッチでは大抵ノイズリダクションZNRが強くかかってるので、軽くしてやるか場合によってはOFFにするとよいです。

あとコンプのかかりもデフォルトだと強い気が、、薄目にするか切ります、私は。

 

デバイス設定の方ですが、大した変更はできません。

 

Guitar Lab 画面

私の現状の設定

 

 

ちなみにCubaseの設定画面ではこんな感じになります。44.1kHz固定です。

バッファは64sampleが最小で、レイテンシーはこのように表示されました。

計算値ではあるものの、普通に速いですね。

USB3.0でSynchroom(Netduetto)用途にも良さそうです。

2020.8.21訂正:勘違いしていたのですが、あくまで通信はUSB2.0でした。公式HP記載の「動作環境」にあるUSB3.0とは、ただUSB3.0ポートにも接続できる、というだけのようです。

 

ZOOM GCE-3のレイテンシー

 

 

 

 

ちなみに、今回購入前に調べても情報がまったく出てこなかった、iOSでの使用可否。

iOSで使える場合は公式サイトにちゃんと書かれてあるので、今回は使えないのかと思ってました。

 

ダメもとでiPad Pro 10.5に接続。

 

ZOOM GCE-3

Lightningーカメラアダプタ使用

 

ZOOM GCE-3

iOSで使うときはDC5Vから電源供給します

 

ZOOM GCE-3

認識した

 

ちゃんと認識しました。

 

ZOOM GCE-3をiOSのCubasisで使用

 

iPadのCubasis2でも認識。

録音、再生も普通にできました。

 

気を付けたいのが、音色が直近にGuitarLabで設定したエフェクトパッチの音になること。

iOS上ではパッチの変更できません。GuitarLabのアプリが無いから。

iOSでの使用可否の記述が無かったのは、つまりそういうことだったんですね。

 

オーディオインターフェースの機能は果たすので、サクッとiPadで録音したい時には便利です。

(ただし、iOSの機種、バージョンなどの環境によって接続可否が変わると思いますので、ご注意を。購入は自己責任でお願いします。)

 

正式にiOSアプリも出たら最高なのですが。

それかせめて、ハードウェアのフットスイッチが飾りではなくて、3つのパッチを割り当てて選べるスイッチだったら良かった。。

 

今のところはノートPCと組み合わせたら便利だなぁと思います。

 

ちなみに、すぐ入力ピークに到達するのでGuitarLabでRECORDING GAINを下げておいた方が良いです。

 

 

ZOOM GCE-3をZoomアプリで使用

ZOOM GCE-3

ZoomでZOOM。

 

Zoomアプリでもちゃんと認識しました。

マイク入力が無いのであまり意味がないんですが。。

あ、でもこの際ギター入力にマイク繋げて、エフェクトで音声を変えて会議に出席ってのもアリですね。

「なんかぁ、ちょっとマイクの調子がおかしくてぇ」って言っとけば大丈夫でしょう。

閉塞感漂う雰囲気にちょっとしたスパイスを注入できそうです。

(その後の処遇は保証できません。)

 

ZOOM GCE-3をiPhone Se2で使用

ちなみにiPhone SE2でも認識

 

 

ZOOM製品は『505』から使い始めて、『PS-04』、『HD-8』、『R8』、『Q3』、『H4』、『H2n』、『iQ5』…などなど、たくさん使ってきましたが、毎回毎回、製品価格を上回る機能とクオリティを提供し続けてくれます。

そして、使っていると「なんでここ出来ないの!」「あとちょっとがんばって…!」「これもできたら完璧だったのに…」とも思わせてくれる、あと一歩及んでほしい、そんなところも応援したくなる、そんな「推し」のようなブランドです。