【レッスン用ギター】Bacchus Universe Series BMS-1R(ムスタング)【購入記】バッカスユニバースシリーズ

ウィ~ウィル ウィ~ウィル 自粛ゥ~♪

豊島区池袋のギター教室、Funギタースクールです。

あ、営業はしてます。

 

先日はQueenが好きな方から体験レッスンのお申込みがあったので、どんな方がいらっしゃるだろう?と思っていましたが、なんと高校生の方でした。

個々人の好きな音楽に優劣を付けているわけではありませんが、若い方が昔の洋楽が好きっていうの、なんかいいなと思いました。

Queen好き、洋楽好きのおじさんが聞いたら、嬉しくて泣いちゃいますね。

 

今まで、Queenがどんなことを演奏しているのかちゃんと聴き取ったことが無かったのですが、改めて聴き直すと、今聴いてもとても新鮮に感じる、定型に当てはまらないけどとてもキャッチ―かつ必然的な流れ、やはりこれは唯一無二の音楽だなと思いました。もはやQueenという音楽ジャンルのように感じます。

「あ、こんな風に転調してたのか!」など、いろいろ勉強になりました。

現代の若い方をも魅了するQueen、その魅力は果てがありません。

 

レッスン用ギター購入記:Bacchus BMS-1R

さて、自治体の長から「他県には行くな!」と苦言を呈されているので、都内の某楽器屋に向かいました。

向かった先は、僕らの聖地、秋葉原。

 

電車で出発

密を避けて出発

 

秋葉原駅の看板

久しぶりの秋葉原

 

新緑が眩しい秋葉原

新緑の眩しい秋葉原

 

買いたかったのは、レッスン用のギター。

もともと、レッスン時は高橋用のギターをそのままお貸ししていたのですが、弦はストラトでも011-049のセット、ネックもわりとしっかり目のギターのため、初心者の方には向かないかも、と薄々感じてはいました。

ましてや、チョーキングのレッスンでは持ち上げられるはずもなく。

生徒さんに011のセットで初チョーキングさせているのは、恐らくウチくらいじゃないでしょうかw(…笑い事じゃない!)

 

女性の方が比較的多く来られ、皆さん手が大きくないことを気にされているので、それならば、初めから小さめサイズで弾きやすいギターであれば、その悩みはクリアするんじゃないか、と思ったのです。

ギター購入の際の参考にもなりますしね。

 

そんなことで、向かった先は、イケベ楽器リボレ秋葉原店。

 

イケベ通り

僕らの青春 イケベ通り

 

イケベ秋葉原

「緊急事態だからこそ、来たよ。」

 

目的は、低価格&ハイコストパフォーマンスの初心者用として人気の、Bacchus GuitarsはUniverse series(バッカスギターズ ユニバースシリーズ)。

国産ではない(中国製)ですが、何と言っても、新品なのに2万円前後で買えるビックリ価格が魅力です。

ネットの評判も決して悪くなく。

 

色々弾いてみたいギターが沢山置いてあったのですが、この日はUniverse seriesにフォーカスして、色目が気にいった数本を試奏。

「マーシャルでいいですか?」と聞かれたので、JC-120でとお願いしました。(私は、JCがあれば必ずJCで弾きます。)

あとからお隣で、めちゃめちゃマーシャルを弾きまくるおじさんが来たので、色んな意味で気になってしょうがなかったのですが、こちらは目的を果たすべく、クリーンサウンドでいろんなポジションで弾きました。

 

弾いてみた感じ、Universe series全体的に、特段「精度高いね!」というわけでもなく、フレットの処理とかは、値段相応で正直だいぶ甘いなぁと感じます。

フレットの頂点に結構傷があったりして、ビブラートをかけると引っ掛かりを感じるポイントがあったり。

同じBacchusでももう少し上のシリーズ(だいたい5万円以上の)や、Fujigen、Tokaiなどの国産のギターなどには、こういう事はまず無いと思います。

 

でもまあ、出音としてはクリーンのフロント、リア共にそこそこ気に入り、ネックの細い感じが握りやすい印象がありました。

なので、とりあえず買っちゃおうと決めました。

「一本いっとく??」的なやつです。

フレットはいつか自分で滑らかに処理しておこう。。

 

ストラトかムスタングかで迷い、ロングスケールだけどさほどデカさは感じなかったストラトにしようかな??と思っていたところ、店員さんが改めて検品した時に不具合を見つけてくれたので、ミディアムスケールで軽くて持ちやすいムスタング、BMS-1Rにしました。

あんなに真面目に検品してもらったのは正直初めてでしたので、驚きとともに感謝です。親切な店員さん、ありがとうございました!

今やネットで購入が当たり前ですが、やっぱり店舗で買うメリットはこういうところだよね、と再認識。

もちろん、世の中このような店員さんばかりではないので、みなさんご購入の際は慎重に。

 

調整の様子

しっかりと調整してくれました

 

色的にカッコいい?かわいい??キャンディ・アップル・レッド。

いつかはこの色のギター欲しいなあと思っていました。

 

あれ、このギターどこかで…と思い出したのですが、赤いマッチングヘッドのムスタングといったら、、やっぱりあの方ですよね。そう、あずにゃん。

決して意識して買ったわけではないのですが(え?)、潜在意識の中に刷り込まれていたのかもしれません。

ちなみにあずにゃんのはFenderです。

 

記念写真

記念写真をパシャリ

 

帰ってから家の機材で色々と試奏をしました。

「ボディが鳴ってるぜ!!」的な感じでもないので、ちょっと硬めの音かな?という印象ですが、まあ許容範囲でしょう。

お部屋の物たちともマッチしていて、なんだかとても気に入りました。

是非、弾きにお越しください。

 

前の記事

体験レッスン記